これで安心 わきが治療ガイド福岡編
これで安心!わきが治療ガイド福岡編
わきが治療の最新事情まとめ@福岡
福岡で受けられる最新のわきが治療をPICK UP!
No.1 ミラドライ
効果 ★★★★★
持続性 ★★★★☆
傷跡が残らない ★★★★★
わきがに半永久的な効果をもつ治療方法の中では、唯一メスを使用する必要がない、最先端治療方法です。福岡市内では、施術を受けられるクリニックが限られている状態です。
おすすめクリニックはコチラ
No.2 吸引法
効果 ★★★☆☆
持続性 ★★★★☆
傷跡が残らない ★★★★☆
美容整形で行われる脂肪吸引を応用した方法です。わきを数ミリ切開し、細い管を入れ込んで汗腺を吸引します。傷跡は小さめ、ダウンタイムも短いといわれています。
おすすめクリニックはコチラ
No.3 オリジナル切開法
効果 ★★★★☆
持続性 ★★★★★
傷跡が残らない ★★★☆☆
メスによって皮膚を切開し、ひっくり返して汗腺を目で確認しながら取り除くベーシックな治療法です。目視で汗腺を取るため治療効果と効果の持続性が高くなっています。
おすすめクリニックはコチラ
No.4 ボトックス注射
効果 ★★★☆☆
持続性 ★★☆☆☆
傷跡が残らない ★★★★★
注射を打つだけの方法で、施術は5~10分ほどで完了。効果は半年~1年ほどと限定的ですが、1回5万円前後で施術を受けられるクリニックもあるため、非常に手軽です。
おすすめクリニックはコチラ
HOME » 福岡で受けられるオススメわきが治療法リスト » 切開手術

切開手術

ここでは、福岡でうけられるわきがの治療方法、剪除法(せんじょほう)または皮弁法(ひべんほう)と呼ばれる切開手術についてまとめています。

剪除法(せんじょほう)、皮弁法(ひべんほう)とは

わきがの臭いを改善するための施術には、剪除法と皮弁法の二種類が存在します。これら二つの施術法は名称が異なるだけで、実際の施術内容はほとんど一緒です。

皮膚を切開してわきがの臭いを発生させるアポクリン汗腺を取り除くことで臭いを改善する治療法で、施術後にわきがが再発することはほとんどありません。一般的に美容クリニックの施術は保険が適用されませんが、これらの治療法は保険診療が可能であるため施術費用を最小限に抑えることができます。

しかし施術後の効果は医師の技量に左右されるため、きちんとした効果を発揮したい場合は施術技術が優れた医師に治療を依頼する必要があります。場合によってはアポクリン汗腺を取り残してしまうケースもあるので、施術を依頼する際はきちんと医師の施術実績を確認しておきましょう。

切開手術(剪除法/皮弁法)の流れ

外科手術によってわきがを治療する際は、まず切開して汗腺を取り出す部分にマーキングを行ないます。その後局所麻酔や静脈麻酔を施し、施術時に痛みが生じるのを防ぎます。

麻酔を注射して皮膚を切開する際は、なるべく傷跡が残らないようにしわに合わせてメスを入れるのが一般的です。傷の大きさは3センチから5センチ程なので、日常生活を過ごす際に傷跡が目立つことはありません。

医師の方が目視でアポクリン汗腺を除去し、その後に皮膚を縫合すれば施術は完了です。アポクリン汗腺を取り除く作業はハサミで丁寧に行なわれるため、わきがの原因となる汗腺をきちんと取り除くことが可能です。

最近は抜糸を行なう必要がない手術法が登場しており、どの女性も気軽に治療を受けることができます。

福岡で受けられるわきが治療方法・剪除法のメリット・デメリット

切開手術と聞けば、なんとなくどのような治療科想像がつくかと思いますが、おそらくみなさんが想像しているよりは切開範囲は狭いかと思います。

切開の範囲はだいたい3~5センチと言われています。しかも、ワキにあるシワに沿うようなかたちで切るため、痕にも残りづらくなります。ただし、完璧になくなるというわけではありませんので、ご注意を。

そして、切開した部分をひっくり返すことで、医師の目で汗腺を一つ一つ確認しながら取り除くことができます。つまり、ほんの数ミリ傷を作るだけで、あとは細い管で作業をするような治療法と比較すると、確実に汗腺を取り除けるので、効果が高くなります。

当然、再発する可能性も低くなりますので、確実にわきがを治療できる方法となります。

■切開手術のメリット

  • 医師が目で確認しながら汗腺を除去するので、効果が確実
  • 保険適用される場合が多く、治療代が安い
  • 再発の可能性が低い

■切開手術のデメリット

  • 他の治療法に比べて痕に残る可能性が高く、痛みが強い(切開範囲が広いので)
  • ダウンタイムが長く、日常生活に支障をきたす場合がある
  • 術後、安静が必要となる
  • 医師の技術力によって差がでる

切開手術は、基本的に保険適用されることが多いため、だいたい4~5万円程度が相場と言われています。

しかし、中には保険適用されず、自費診療による治療となるクリニックもあります。自費診療の場合、だいたい30万円前後するようです。

多少のデメリットはあっても、安く済ませたいために剪除法を選ぶ場合は、保険適用であるクリニックを探すことが第一。逆に確実にわきがを治したい から体の負担が他の治療法より大きくても剪除法が良いという方は、保険・自費という点よりも腕の良い医師がいるクリニックを探すことが重要となります。

わきがの切開手術による後遺症の心配はない?

わきがの臭いを改善するのに有効な切開施術は、どの女性でも安心して受けることが可能です。しかし施術によって得られる効果には個人差がある上、場合によっては施術後にトラブルが発生することもあるので注意しましょう。

ほとんどの場合切開した部分の傷は目立たなくなりますが、傷跡が残りやすい体質の方は傷跡が残ってしまう可能性が高いです。細胞の壊死やひきつれが発生することもあるため、施術時は医師とよく相談を行なっておかねばなりません。

またアポクリン汗腺を取り除くとわきから汗が排出されなくなり、他の場所から発生する汗の量が増えます。そのため施術後はデオドラントアイテムを使い、汗の臭いをカバーしておきましょう。 施術後に色素沈着が発生することもありますが、こういった症状は数年程経つと徐々に薄れていきます。

切開手術の口コミ評判

それでは、実際にこの方法でわきが治療を行った方の口コミをご紹介したいと思います。

術後は安静にしたり、固定したりと大変です。でも、何年経っても再発していないので、やはり一番効果がある方法だと思います。

やはり、切開するとなると術後にいろいろと不便はあります。でも、効果は確実なので、今は切開にして良かったと思っています。

手術は入院も必要なくて負担はあまりないのですが、その後が着替えも大変でしんどかったです。もちろん、やって良かったですが。

私は片ワキずつやったので、日常生活にそれほど不自由はしませんでした。ただ、医師の技術力は重要なので、いくつかクリニックは回った方が良いと思います。

今までの悩みはなんだったのだろう?と思うくらい臭いがなくなりました!しばらくはワキがひきつった感じがありますが、臭いに比べたら気になりません。

手術をして1ヶ月がたちましたが、気になる痛みもないし、臭いも汗も改善されています。ただ手術中に、麻酔が効いていない部分があり、少し痛みがありました。

麻酔には、それほど痛みを感じませんでした。手術をされているときに、皮膚が引っ張られるような違和感がありましたが、特に痛くはなかったです。手術をして4ヶ月が経ちますが、臭いも汗も大分よくなっています。もっと前から治療しておけばと思うほどです。

剪除法で手術を完了。傷痕は残りましたが、しばらくは臭いのない生活を送れていました。しかし、数日前から片側のワキから以前よりも弱いものの、臭いが…。医師によると私のワキガの範囲は広いらしく、取り残しの可能性がありそうだと言われました。とてもショックです。病院選びは慎重に行ったほうがいいと思います。

手術直後は、眠るときに注意が必要になりました。寝返りで目を覚ましてしまうほど、突っ張る感じがあります。抜糸を行うと楽になるので、1週間くらいは我慢が必要です。剪除法は、臭いを減らすという点ではすごく効果があると言えますが、傷痕が残るという事も覚悟しないといけません。

やはり、術後は日常生活に大きく負担を強いられるようですが、それ以上の効果の高さに満足の声が大きい治療法のようです。もし、家族と同居していれば、家族に協力のお願いをしてみたり、うまく周りの方の力を借りて術後を過ごすと良いでしょう。

切開手術を受けられる福岡のクリニック

剪除法は、わきが治療を行っている多くのクリニックで扱っている手法となります。福岡で受けられるクリニックを2つご紹介します

■城本クリニック

  • アクセス:天神大牟田線「西鉄福岡駅」徒歩6分
  • 診療時間:10:00~19:00
  • 剪除法によるわきが治療の価格:240,000円

■ファーストビューティクリニック

  • アクセス:西鉄「天神駅」徒歩2分
  • 受付時間:9:00~21:00
  • FBC式アポクリン完全摘出永久保証法 によるわきが治療の価格:350,000円

切開手術は、医師の技術によるものが大きい治療法ですので、すぐにクリニックを決めず、いくつか回って、心から信頼できる医師のいるクリニックで行うようにしてくださいね。

 
ページの先頭へ▲
これで安心 わきが治療ガイド福岡編