これで安心 わきが治療ガイド福岡編
これで安心!わきが治療ガイド福岡編
わきが治療の最新事情まとめ@福岡
福岡で受けられる最新のわきが治療をPICK UP!
No.1 ミラドライ
効果 ★★★★★
持続性 ★★★★☆
傷跡が残らない ★★★★★
わきがに半永久的な効果をもつ治療方法の中では、唯一メスを使用する必要がない、最先端治療方法です。福岡市内では、施術を受けられるクリニックが限られている状態です。
おすすめクリニックはコチラ
No.2 吸引法
効果 ★★★☆☆
持続性 ★★★★☆
傷跡が残らない ★★★★☆
美容整形で行われる脂肪吸引を応用した方法です。わきを数ミリ切開し、細い管を入れ込んで汗腺を吸引します。傷跡は小さめ、ダウンタイムも短いといわれています。
おすすめクリニックはコチラ
No.3 オリジナル切開法
効果 ★★★★☆
持続性 ★★★★★
傷跡が残らない ★★★☆☆
メスによって皮膚を切開し、ひっくり返して汗腺を目で確認しながら取り除くベーシックな治療法です。目視で汗腺を取るため治療効果と効果の持続性が高くなっています。
おすすめクリニックはコチラ
No.4 ボトックス注射
効果 ★★★☆☆
持続性 ★★☆☆☆
傷跡が残らない ★★★★★
注射を打つだけの方法で、施術は5~10分ほどで完了。効果は半年~1年ほどと限定的ですが、1回5万円前後で施術を受けられるクリニックもあるため、非常に手軽です。
おすすめクリニックはコチラ
HOME » わきが治療の前に知っておきたいこと » 治療に保険適用はある?

治療に保険適用はある?

わきが手術で保険適用となる基準について解説します。

わきが手術の保険適用3つの条件とは?

わきがの手術は、次の3つの条件をクリアすれば保険が適用されます。

■保険診療を行っているクリニックで手術をする

■医師に保険適用のわきがの症状があることを認めてもらう

■保険適用として認められた手術をする

保険が適用されるかどうかで、費用に大きな違いが出るので、この確認は重要です。具体的には、自由診療(保険適用外)であれば20万円~30万円、保険適用であれば5万円程度。どうせ手術をするならば、保険をつかったほうが財布には嬉しいですね。

保険適用となるための最大のハードルは?

上の条件のうち、1と3はそれほど難しくないでしょう。
保険診療を行っているかどうかは、事前に調べられますし、手術をする際には、「剪除法(せんじょほう)」、「吸引法」、「マイクロウェーブ法(ミラドライ)」などといった、保険適用の手術を選べば良いだけです。

問題は2で、医師がそのわきがを保険適用と認めるかどうかです。

わきがは、ニオイの問題です。ニオイが強いかどうかは、それを嗅いだ人がどう感じるかという、主観的なもの。それならば、何をもって医師は「保険適用のわきが」と「自由診療のわきが」を区別しているのでしょう。

医師はどうやって保険適用の可否を決めるの?

医師が保険適用の可否を決める方法は2つあります。ただし、かならず両方とも実施する、というわけではありません。

■嗅いで確認する

わきにガーゼを一定時間はさんで、それを医師が実際に嗅いで確認します。

保険適用となるかどうかは、医師がそのニオイをわきがと判断するかどうかです。
客観性を保つために、医師以外のスタッフにも確認させることがあります。ニオイを嗅げば、わきがであるかどうかは、ほぼ分かります。

問題は、そのわきがが、保険適用のレベルであるかどうか、という点です。これは、経験を積んでいるとはいえ、そのクリニックの医師の主観により判断されます。

■切開をしてアポクリン汗腺の存在を確認する

簡単な切開をしてみて、わきがを発生させるアポクリン汗腺があるかどうかを確認する場合もあります。

客観性が保たれる理想的な方法ですが、保険適用のわきが手術自体、採算面で避けられている現状なので、切開までして確認してくれる良心的なクリニックがどれほどあるか、という点が問題です。

判定の結果、保険が適用され、手術を受けられるのが理想的ですが、その第一歩として、まずは信頼できる医師やクリニック選びが重要といえるでしょう。

 
ページの先頭へ▲
これで安心 わきが治療ガイド福岡編